アーカイブズウィーク

TOP > 行事・講座案内 > アーカイブズウィーク

 昭和63年6月1日、我が国で初めて、アーカイブズ(記録資料)の保存利用に関する法律「公文書館法」が施行されました。
アーカイブズウィークは、これを記念して、記録資料の重要性とその保存活用についてPRするものです。
 

第12回 中国四国地区アーカイブズウィーク

防長と海~その記録と記憶~

 中国・四国地区アーカイブズウィークは、文書記録(アーカイブズ)の重要性とその保存利用をPRするため、中国四国地区の文書館・公文書館施設が共同して毎年実施している事業です。

29年度、山口県文書館では、「防長と海~その記録と記憶~」と題して開催します。

歴史の中でさまざまな舞台となってきた「海」をテーマに、生活と産業、流通と移動、戦いと友好、港と船など多様な視点から、文書館資料を用いて防長と海の歴史を紹介します。 

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第11回 中国四国地区アーカイブズウィーク

いやす なおす たもつ~文書館資料にみる病気・医療・健康~

 中国四国地区アーカイブズウウィークは、文書記録(アーカイブズ)の重要性とその保存利用をPRするため、中国四国地区の文書館・公文書館施設が共同して毎年実施している事業です。
28年度、山口県文書館では、「いやす なおす たもつ ~文書館資料にみる病気・医療・健康~」と題して開催します。ひとびとがつねに高い関心を持ち続ける病気・医療・健康をテーマに、江戸時代を中心とするその歴史の一コマを文書館資料から紹介し、健康や医療を考えるひとつのきっかけを提供したいと考えています。 

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第10回 中国四国地区アーカイブズウィーク

文書館動物記~書庫に棲む動物達~

 動物たちは、歴史の中でどのように人々と関わり、また人々は動物たちに関して、どのような記録を残しているのでしょうか。
山口県文書館の50万点を超える資料の中には、そのような「人間と動物」の関係を垣間見ることのできる、興味深いものが多数含まれています。
今年のアーカイブズウィークでは、それらの一端をご紹介します。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第9回 中国四国地区アーカイブズウィーク

美術とアーカイブズ~古文書に見る防長の美術工芸品~

 雪舟・雲谷派の絵画や萩焼は、本県を代表する優れた美術工芸品です。毛利家文庫をはじめとした県文書館所蔵の文書群には、これら美術工芸品のルーツや歴史を物語る文書が、数多く含まれています。
今回は、萩藩士や寺社などが所蔵する美術工芸品の調査報告書「防長古器考」を中心に、江戸時代の美術工芸品の状況を紹介し、本県ゆかりの美術工芸品の歴史を振り返ります。この機会に、美術とアーカイブズの貴重で意外な出会いを体験してみませんか。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

 

第8回 中国四国地区アーカイブズウィーク

山口県災害記~過去の記録に学ぶ~

 平成23年3月11日、東日本をかつて見たことのない地震や津波が襲いました。テレビや新聞などから刻々と流される情報に、心を痛めた方々も多くいたことと思います。
しかし、当初「想定外」と言われた災害も、時が経つにつれて、古い記録の中に同規模の災害が記されていたことが分かってきました。
「かつて山口県にも甚大な被害をもたらした災害があったが、今、忘れ去られようとしているのではないか。」
このような危機感のもと、今回は山口県に甚大な被害をもたらした1950年代までの自然災害に関する記録について紹介します。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第7回 中国四国地区アーカイブズウィーク

絵図と古文書で歩く萩往還

 絵図や古文書、現地の写真、映像を交えながら、萩から三田尻までの萩往還を紹介します。
会場にいながら、萩往還を歩いている気分になれます。
ナビゲーターは文書館専門研究員がつとめます。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第6回 中国四国地区アーカイブズウィーク

ポスター・写真・映像に見る昭和のやまぐち~昭和38年山口国体のころ~

 今秋開催される第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」・第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」にちなみ、昭和38年に本県で開催された山口国体前後の様子を館蔵のポスター・写真・映像で紹介します。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第5回 中国四国地区アーカイブズウィーク

長州藩幕末維新資料

 近年の幕末維新史に対する興味や関心の高まりを受けて、館蔵の長州藩幕末維新関係資料の中から写真資料を中心に展示します。
この機会に、実物の幕末維新関係資料が持つ迫力に接していただき、アーカイブズ保存の重要性について理解を深めていただければ幸甚です。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第4回 中国四国地区アーカイブズウィーク

天下人と毛利氏

 当館の開館50周年を記念し、「天下人と毛利氏―戦国のアーカイブズ」をテーマに、数ある収蔵文書の中から、毛利氏と、戦国乱世を鎮めた天下人たる信長・秀吉・家康にスポットを当て、その関係を物語る館蔵資料を紹介します。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第3回 中国四国地区アーカイブズウィーク

吉田松陰自賛肖像展

 平成19年度、当館では、昭和29年に吉田家から寄贈を受けた吉田松陰関係資料754点のうち、「吉田松陰自賛肖像」・「絶筆」・「松下村塾記」の修復を、(財)住友財団の助成を受けて実施しました。
今回のウィークでは、この修復を記念して、修復後、初公開します。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第2回 中国四国地区アーカイブズウィーク

街道を行く~山陽道・萩往還・赤間関街道・石州街道・山代街道~

 山口県教育委員会では、昭和55年(1980)の「萩往還」以来、文化庁補助事業として歴史の道調査を実施してまいりましたが、平成16年の「石州街道」をもって、主要5街道の調査を終えました。
今回は、当館蔵の街道関係資料を展示し、歴史の道にスポットをあて開催します。

アーカイブズウィーク(歴史探求講座)写真

第1回 中国四国地区アーカイブズウィーク

 平成元年6月1日、我が国で初めて、アーカイブズ(記録資料)の保存利用に関する法律「公文書館法」が施行されました。アーカイブズウイークは、これを記念して、記録資料の重要性と保存利用についてPRするものです。中国四国地区の文書館施設等がそれぞれにPR活動を行います。

  • 会期:平成18年6月1日(木)~7日(水)
  • 会場:文書館閲覧室他
  • 観覧無料 
 

 


ページの先頭へ