授業で使える文書館活用講座

TOP > 行事・講座案内 > 授業で使える文書館活用講座

内容  

 県内の学校教員を対象に、古文書の基礎的な知識や読解力の習得、グループ討論などを通じて、文書館所蔵資料を学校教育に活用するヒントを得ていただくための講座です。8月上旬、4日間開催します。

募集要項

平成29年度の募集中です。今年度は8月1・2日(入門コース)、3・4日(実践コース)で実施します。

  1. 目的 文書館に対する理解を深め、授業等における資料の活用方法を学ぶ。
  2. 主催 山口県文書館
  3. 日時 (入門コース) 平成29年8月1日(火)・8月2日(水)(2日間)
    (実践コース) 平成29年8月3日(木)・8月4日(金)(2日間)
    ※両コースの連続受講、入門コースのみ・実践コースのみの受講はいずれも可。 
  4. 会場 山口県立山口図書館第1研修室(山口市後河原150-1)
  5. 講師 山口県文書館専門研究員
  6. 講座日程・内容

    【入門コース】文書館所蔵資料の概要やその活用方法を学びます。

    開催日 9:30-11:30 11:30-12:30   13:30-14:30 14:30-16:30
    8月1日
    (火)
    開講式 文書館を知ろう(文書館の概要/書庫見学) 資料の活用方法を学ぼう 休憩 (同前) 資料を見てみよう1(江戸時代以前)
    8月2日(水) 資料を見てみよう2(江戸時代) 資料を見てみよう3(明治以後) 休憩 (同前) 資料を見てみよう4(絵図/地図/古写真/絵葉書等)


    【実践コース】各自のテーマに沿った資料調査やフィールドワークなど、演習を中心に行います。

    開催日 9:30-12:30   13:30-16:30
    8月3日
    (木)
    開講式 資料の探し方を学ぼう(文書館/図書館)
    授業で使える資料を集めてみよう1
    休憩 授業で使える資料を集めてみよう2
    8月4日(金) 絵図を片手に街を歩こう 休憩 授業で使える資料を集めてみよう3 発表会 閉講式

     
  7. 対象 県内の小・中・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の教員で、授業等において文書館所蔵資料を活用しようとする者。 
  8. 定員 各コース15名程度
  9. 受講料 各コースそれぞれテキスト代500円が必要
  10. 旅費 主催者負担(ただし、私立学校および国立学校からの参加者は除く。)
  11. 申込方法 所定の様式により申し込む。
    ※市町立小学校、中学校については市町教育委員会を経由して申し込むこと。なお、選考結果についても市町教育委員会を経由して通知する。
  12. 申込締切 平成29年6月30日(金)必着。

 


ページの先頭へ