アーカイブズウィーク要項

TOP > 行事・講座案内 > アーカイブズウィーク要項

第13回中国・四国地区アーカイブズウィーク 明治150年特別企画
文書館レキシノオト-「音」で読み解く防長の歴史-

趣旨

 中国・四国地区アーカイブズウィークは、文書記録(アーカイブズ)の重要性とその保存利用をPRするため、中国四国地区の文書館・公文書館施設が共同して毎年実施している事業です。
文字が特別な人たちのものであった時代、ことばの伝達は声でなされ、あるいは意味の伝達は音や光でもなされました。
音はまた、文字では伝えられないものを伝える力をもっています。
文書館は文字通り文字の塊のようなところですが、その中から歴史の音を聞き、人々の声を聞いてみませんか。

  • 主催:山口県文書館
  • 共催:山口県文化財愛護協会
  • 後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)、山口県地方史学会
  • 期間:平成30年(2018) 6月1日(金)~10日(日)

アーカイブズ展示

文書館レキシノオト ~「音」で読み解く防長の歴史~ 
  • 6月9日(土)・10日(日)9:00~17:00
  • 会場 : 文書館閲覧室
  • 館蔵の「音」に関わる古文書、行政文書、行政資料などを一挙公開展示します。
○ギャラリートーク
  • 6月 9日(土)  10:30 / 16:00
  • 6月10日(日)  10:30 / 16:00
  • 会場 : 文書館閲覧室
  • 定員 : 各30名(当日受付・先着順)

このページの先頭へ

歴史探究講座

「防長唱歌と県民歌にみる山口県の歴史」  
   講師:山本明史・和田秀作・山﨑一郎(文書館専門研究員)
「図書館秘蔵の「音」で聞く時代の風景
   講師:廣重順子・仁田野茉莉(県立山口図書館)

  • 会場 : 県立山口図書館レクチャールーム
  • 6月 9日(土) 13:30~15:30
  • 定員 : 250名(当日受付、先着順)
    ※当日は、時間の余裕を持ってご来場ください。

アーカイブズ歴史小話

 文書館専門研究員が今年度のテーマ「音」に関わるとっておきの話をリレー形式で紹介します。

  • 6月10日(日) 13:00~15:30
    • 御屋形様も聞いた音(和田秀作)
    • 「鳴物停止」と防長~為政者の死と音~吉田真夫)
    • 萩城正月、万治制法を読む(山﨑一郎)
    • シロウトも語る浄瑠璃の世界(重田香澄)
    • 幕末の歌と芸能(金谷匡人)
  • 会場 : 県立山口図書館レクチャールーム
  • 定員 : 250名(当日受付・先着順)
    ※当日は、時間の余裕を持ってご来場ください。

文書館書庫見学ツアー

文書館書庫を特別公開します。大量の文書群に感動間違いなし!!

  • 6月1日(金)~3日(日)・5日(火)・7日(木)・8日(金) 10:30 / 14:30
  • 6月6日(水)・9日(土)・10日(日)  9:30

※定員各10名(当日受付・先着順)

文書館を使ってみよう!

 文書館の利用方法をガイドします。

  • 6月6日(水) 13:30~15:00
  • 会場 : 県立山口図書館第1研修室・文書館閲覧室
  • 定員 : 30名(当日受付・先着順)

※いずれも参加無料。
※ウィークの期間中、閲覧業務は6月9日(土)・10日(日)を除いて通常どおり行います。(6月9・10日は閲覧室を展示スペースとするため、閲覧業務は行いません)

第13回中国四国地区アーカイブズウィーク「ポスター」はこちら。
第13回中国四国地区アーカイブズウィーク「リーフレット」はこちら。
第13回中国四国地区アーカイブズウィーク「歴史探究講座」のチラシはこちら。
第13回中国四国地区アーカイブズウィーク「アーカイブズ歴史小話」のチラシはこちら。

このページの先頭へ


ページの先頭へ