階層検索

文書群名 出羽家文書
分類 諸家文書> 出羽家文書
点数 357
伝来地 大阪府豊中市
目録内容 閲覧室目録
組織歴・履歴 出羽家は、中世には石見国邑智郡久永庄出羽(いづわ)を本拠とする国人で、のち毛利元就に仕える。江戸時代には萩藩・手廻組士となる。明治期には陸軍軍人。
内容 文書群は、中世の国人時代の活動に係るもの、江戸時代の萩藩士としての活動に係るもの、明治30年代頃までの陸軍軍人としての活動に係るものに大別される。「閥閲録」巻43収録文書の原本含む。
論文・翻刻 ▼『萩藩閥閲録』巻43出羽源八
▼『瑞穂町誌』
▼出羽正『出羽家古文書抄』(私家版)
▼文書館ニュース29(1995)
▼平瀬直樹「旧長州藩士・出羽家文書および内藤家文書」(『山口県文書館研究紀要』22、1995)
■『山口県史』史料編中世3(2004)
関係地域 萩市
キーワード 石見国人/萩藩士(手廻組)/陸軍軍人
文書の年代 中世〜明治

この文書群に属する文書を検索する

検索する言葉を入力してください。例)"法案"など

※絞り込む場合は、スペースに続いて言葉を追加してください。

検索 クリア