階層検索

文書群名 一宝家文書
分類 諸家文書> 一宝家文書
点数 15
伝来地 山口市秋穂二島
目録内容 閲覧室目録
組織歴・履歴 一宝家(市宝家)は、江戸時代、萩藩の御用石工を勤めた家。もとは和泉国の住人で、近世初頭に毛利家と関係を持ち、萩藩の御用石工を勤めるようになったと伝える。当初は大坂と萩藩を行き来していたが、18世紀後半に小郡宰判岩屋に定住した(以上『山口県史』史料編近世4「解説」による)。
一宝家は、舟木宰判の高泊開作、小郡宰判の名田島開作などで惣石垣頭取を勤め、南蛮樋、石唐樋の建造に携わったことでよく知られており、その他各地の開作に関わっている。また、一宝家が建造した石造物は数多く、田中助一氏の研究(下記参考文献参照)によってその概要を知ることができる。
内容 一宝家の由緒、勤功に関わるもののほか、萩藩法(御書付)の写、毛利家系図、火薬製法に関わる秘伝書などで構成されている。特に由緒書は、江戸時代の石工の歴史を知る上で貴重。
論文・翻刻 ▼田中助一「防長の石工」(『山口県地方史研究』36)/「防長の石工―作者名のある防長の石造物―」(『山口県の文化財』8)
▼『史跡周防灘干拓遺跡名田島新開作南蛮樋保存管理計画策定報告書』(山口市教育委員会文化課 1998)
▼森下徹『近世瀬戸内地域の労働社会』(渓水社 2004)
■『山口県史』史料編近世4(山口県 2008)
■金沢城史料叢書16『城郭石垣の技術と組織』(石川県金沢城調査研究所 2012)
関係地域 山口市秋穂二島
キーワード 御用石工
文書の年代 永正15(1518)〜近世(幕末期)

この文書群に属する文書を検索する

検索する言葉を入力してください。例)"法案"など

※絞り込む場合は、スペースに続いて言葉を追加してください。

検索 クリア

1

【文書名】先祖ヨリ申伝置キ候事(一宝家由緒書)
【請求番号】一宝家1 【年代】享保20年[1735] 【数量】巻子1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

2

【文書名】一宝家勤功書
【請求番号】一宝家2 【年代】(幕末) 【数量】状1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

3

【文書名】郡奉行小幡小平太書下(石工一宝藤左衛門身柄一代帯刀免許)
【請求番号】一宝家3 【年代】文政12[1829]12月 【数量】状1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

4

【文書名】毛利家系図(〜治親)
【請求番号】一宝家4 【年代】- 【数量】状1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

5

【文書名】御書付写(御手廻組・遠近付・無給通以下・御供奉行への沙汰)
【請求番号】一宝家5 【年代】享保17年[1732]12月 【数量】状1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

6

【文書名】御書付写(百姓町人品定の事)
【請求番号】一宝家6 【年代】寛保2年[1742] 【数量】状1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

7

【文書名】青陽流秘伝書(火薬製法)
【請求番号】一宝家7 【年代】- 【数量】巻子1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

8

【文書名】座敷・書院飾図(写)
【請求番号】一宝家8 【年代】永正15年[1518]1月26日 【数量】状1
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

9

【文書名】型紙
【請求番号】一宝家9 【年代】- 【数量】状5
【分類】 諸家文書> 一宝家文書

10

【文書名】断簡(尺八関係カ)
【請求番号】一宝家10 【年代】- 【数量】2
【分類】 諸家文書> 一宝家文書