階層検索

文書群名 松原家文書(山口市)
分類 諸家文書> 松原家文書(山口市)
点数 2
伝来地 山口市
目録内容 閲覧室目録
組織歴・履歴 松原家は、江戸時代、萩藩山口宰判長野村(寄組益田家知行地)で起きた長野村百姓一揆において、中心的役割を果たした松原清介の家筋にあたる。
地元大内では現在でも松原清助・角左衛門の年忌供養を継続して実施している。
内容 江戸時代、萩藩山口宰判長野村(寄組益田家知行地)で起きた長野村百姓一揆関係。
論文・翻刻 ▼石川敦彦「宝永七年長野村一揆について」(『山口県地方史研究』112)
関係地域 山口市
キーワード 百姓一揆
文書の年代 近世〈元文4〜安政7〉

この文書群に属する文書を検索する

検索する言葉を入力してください。例)"法案"など

※絞り込む場合は、スペースに続いて言葉を追加してください。

検索 クリア

1

【文書名】長野百姓中後年心得地下締り書
【請求番号】松原家(山口市)1 【年代】元文4年[1739]3月 【数量】1
【分類】 諸家文書> 松原家文書(山口市)

2

【文書名】長野百姓中後年心得地下締り書
【請求番号】松原家(山口市)2 【年代】享和2年[1802]11月26日/安政7年[1860] 【数量】1
【分類】 諸家文書> 松原家文書(山口市)