階層検索

文書群名 大村益次郎文書
分類 諸家文書> 大村益次郎文書
点数 92
伝来地 山口市
目録内容 閲覧室目録
組織歴・履歴 大村益次郎(1825〜1869)は、医者・兵学者であり、幕末期、萩藩の軍政改革を指導し、のち明治政府の近代軍制樹立に尽力。
内容 大村家に伝えられた大村益次郎に関する文書で、「宣旨」「永敏卿御履歴ニ係ル書類」「書簡帳」「大村家什書」「永敏卿御葬儀ニ係ル書類」などのほか、明治・大正期の大村先生記念会に関する文書も含む。
論文・翻刻 ■内田伸編『大村益次郎文書』(マツノ書店、1977)、同『大村益次郎史料』(同 2000)
▼『山口県文書館所蔵アーカイブズガイド 幕末維新編』(2010)
関係地域 萩市/山口市
キーワード 個人文書/萩藩士(大組)/兵部省兵部大輔
文書の年代 近世(幕末)〜大正

この文書群に属する文書を検索する

検索する言葉を入力してください。例)"法案"など

※絞り込む場合は、スペースに続いて言葉を追加してください。

検索 クリア